あいかわらず、

とてつもなく、暑いですね。

冬生まれの雪国育ちのボクには酷ですw

まぁ、そんなこと関係なく、

誰もが平等に暑いとは思いますがw

 

どちらにしても

適度にカラダを冷やして、

こまめに水分を摂りましょう。

 

きのう、顎関節や歯の治療をしていて思ったのですが、

たとえば、虫歯で歯を削っても、

つまり、形、見てくれをどうにかしても、

歯自体の活力が戻らなければ、アンバランスということ。

 

または歯茎であったり、その土台である顎骨までの

活力を戻さなければ治療しても、

けっきょく、歯を抜くはめになるとしたら無意味に近い。

 

構成成分のほとんどが無機質だとしても、

歯にも血管、神経が行き渡り生きているのです。

虫歯を削っても活力が戻らなければ、

その歯は遅かれ早かれダメになることでしょう・・・

 

様々なストレスを取り除き、

活力を与える治療が必要になると思います。

 

オステオパシーやエネルギー治療では、

組織に活力が戻るようにアプローチします。

 

歯の健康は生きる上で

大変重要な課題です。

 

削ってしまえば、抜いてしまえば、OK?

痛みは無くなっても歯は、もう戻りません。

 

痛みはなくとも、全身の健康を崩したのならば、

なんの為の治療だったのか分かりません。

 

お口の健康は一生を左右します。

 

オステオパシーによるメンテナンスをお勧めします。