条件

組織やエネルギーのブロックを

クリアーにしていき、

その後、活力を高めるわけですが、

 

その際、フルクラムを見つけ、

ロングタイドの力を利用して、

というパターンでも、

ポテンシーというやり方でも、

ヒーリングでも、

どんなやり方でも

組織が変容さえすればいいわけですが、

 

そう、自然の法則の通りならば、そのまま変化することでしょう。

 

しかし、人間の意図的、あるいは潜在的な様々な感情の影響、

または、環境的なアレルゲンの存在など多くの影響力、干渉力の牽引力は、

 

素直に組織をクリアーにすることを許さない。

 

それが現代人の身体状態と思われる。

 

それだけ年々、条件は複雑になっているということ。

 

ならば、たとえイタチごっこのようになろうとも、

追い着き、追い越せの精神がなければ、

この仕事を続けることはできない・・・

 

現代人の条件に合わせて治療法も変化させなければ、

対応どころか、まったく効果が出ない始末・・・

 

そのテクニックが悪いわけではない。

現代人の身体がより複雑に条件を変えているのだ。

 

そろそろ気付かないと、

学びの為に使った

お金と時間が、ほんと無駄になるか、

セミナービジネスをただ潤すだけか、

どちらにしても虚しい結果となると思う。

 

術者はもちろん、なにより患者さんにまで還元できなければ、

仕事がまったく意味の無いものになってしまう・・・

 

まぁ、めんどうなことは考えないで、

どこ吹く風の風来坊気取りでも

別にいいけど・・・

 

右に流され、左に流されの

気ままな人生でもいいけどw

(それはそれでうらやましいw)

 

どちらにしても一本、芯が通っている自分の方が、

 

少なくとも治療(仕事)を誇れる。

なによりの価値と個人的には思うのです。