準備

もちろん、構造治療だけでも

それなりにの効果、作用として、

カラダを変化させることでしょう。

 

それはそれで良いのですが、

変化を起こさない場合、

 

けっきょく、その他の治療が必要である。

ということだけ。ただそれだけ。

 

そしてプロとして、そのような場面においても、

構造へのアプローチと変わらず、普通に対応したいだけ。

 

そのように対応出来る準備をしている。

 

特別でも、何でもなく、

プロとして、あたりまえの準備だと思います。

 

あの有名な治療家、ロバートフルフォード先生も、

クリスタルヒーリングとオステオパシーを組み合わせて

仕事をしていたのですから、素直に偉大な先輩に習うべきと思うのです。

 

アレルギーやら、精神問題やら、エネルギー問題やらが、

ある程度、解決している心身状態であれば、

 

構造治療だけでも十分だと思います。

 

しかしながら、構造治療と言っても、

電気やらマッサージはもちろん、内容の薄いなんちゃって整体では、

構造どころか、その他せっかく調整されたものも、

捻れて、歪んで、水のあわというところでしょう・・・w

 

カラダのバランスは簡単に崩れます。

 

そういう意味で、

構造治療も、とても重要ですね。

 

最低限、カラダが余計におかしくならない治療がw

 

フルフォード先生が言うように

オステオパシーは治療と同時に検査、診断をする技術。

 

どちらにしても検査、診断が出来なければ、

構造へのアプローチだけで十分なのか、

それとも精神体、エネルギー体へのアプローチも

必要なのか分かりません。

 

いったい、どうやって、どんな治療をしているのでしょうか?

 

何が必要かが分かること。

 

根本的には、

そういうことなのでしょう・・・

 

いつでも効果的な治療が提供できるように、

これからも準備に努力したいと思います。