ビジョン

けっきょくは、

現在、自身の健康面を考えて、

たとえば、1年後、3年後、5年後、10年後と、

ポジティヴなビジョンが持てるのなら問題はないのですが、

 

少しでも不安という場合は、

治療をお勧めするということです。

 

もちろん、場当たり的な治療でもいいのですが、

自分の将来を考えて、健康管理された方が良いかと思います。

 

何故良いのか?

個々、それぞれの違う理由があるとは思いますが、

 

結果論として、

健康管理を治療をしてきてよかったと、

そう思えることの価値であり、

将来になってみなければ実感は出来ませんが、

そう想像出来るのではないでしょうか?

 

また、そのように想像出来ることが理想であり、

目標、目的、目指すべきところとも言えます。

 

つまり、そのようなポジティブなビジョンが

持てないような現状ならば、

それこそ直ちに治療が必要なことでしょう。

 

この世に絶対的な保障などあるわけないのですが、

何か治療に可能性を感じるのであれば、

信じて治療を受けることが、

自身の中の確かな保障なのかもしれません。

 

健康不安は、気になるうちに・・・です。

今はいいけど、ほんと、1年後、3年後、5年後、10年後なのです。

 

どちらにしても悪化してからでは、

なかなか難しい・・・ということです。

 

なるべくエネルギーがある

若いうちに治療した方が良いと思います。