現在

何年か前までは、

オステオパシーさえ学び続けていれば、

自分が理想とする治療に辿りつけると思っていました。

 

しかし、現在、オステオパシーは治療法の1つでしかない。(自分の中で)

その他、アレルギーやら、精神治療やら、エネルギー治療やらと、

学べば学ぶほど、課題は増えて、結果的にオステオパシーでさえ

そのようなポジションである。

 

それだけ今まで本当の意味での治療の勉強が足りなかったということ。

 

オステオパシーについて学ぶことは

もちろん、まだまだ沢山あるが、

 

それ以上に学ぶべきことが、さらに沢山ある。

 

結論を言えばオステオパシーだけでは、

現代人は治せない。または治すのが難しい。

 

そう考えてしまうほど、

世の中には心身を脅かす問題が

充満しているということです。

 

オステオパシーを極めるには、

一生分の時間が必要なことでしょう。

 

しかしながら、習得出来ても出来なくとも関係なく

目の前には患者さんが居るわけです・・・

 

習得するまで待ってもらえるのでしょうか?

また、完璧に習得するまでは治療をしないのでしょうか?

 

そんな、のんきな気分が、

現代社会に溢れるストレスに

通用するとは思えません。

 

何か出来ることがあれば、

その他有効な手段があれば、

後先に考えず、使えるものは使う

というくらいの信念は必要なことでしょう。

 

去年、無我夢中で、

グリーンハウスの田尻先生が創始した

ワールドセラピーシステム研究会に飛び込みました・・・

 

今現在も自身の無知を痛感する毎日ですが、

あの時、飛び込まなければ

今の現在はなかったわけで・・・

 

飛び込んで良かったと、

まだまだ、勉強の途中ではありますが、

 

そう、しみじみと去年を振り返っております。

 

縁とチャンスに感謝致します。

 

少しでも多くの方々の期待に

答えられるように

これからも精進致します。

 

ほんと、自分の中でオステオパシーが、

ただの治療法の一つでしかない感覚になる日が来るとは、

想像出来なかった今に居ます。

 

オステオパシーだけではなく、

世の中には、すばらしい治療法が他にも沢山あるとは思いますが、

自分にとっては大事件だったということです。

 

どちらにしても、一生勉強ですねw

 

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    Ji Pasko (木曜日, 02 2月 2017 05:58)


    Thank you for any other great article. The place else may anyone get that kind of info in such an ideal means of writing? I have a presentation next week, and I am at the search for such info.

  • #2

    Theron Poplawski (金曜日, 03 2月 2017 22:13)


    Wow! Finally I got a blog from where I be able to in fact take valuable data concerning my study and knowledge.

  • #3

    Callie Hon (火曜日, 07 2月 2017 03:43)


    Very nice post. I just stumbled upon your blog and wanted to say that I've really enjoyed surfing around your blog posts. In any case I'll be subscribing to your feed and I hope you write again very soon!

  • #4

    Linda Wollman (金曜日, 10 2月 2017 06:40)


    It's amazing in favor of me to have a site, which is useful designed for my know-how. thanks admin

  • #5

    Lee Dowless (金曜日, 10 2月 2017 12:46)


    Have you ever thought about publishing an e-book or guest authoring on other websites? I have a blog based on the same information you discuss and would love to have you share some stories/information. I know my subscribers would appreciate your work. If you are even remotely interested, feel free to send me an email.