エネルギー体治療

本日、わざわざ新潟時代の患者さんが、

いらっしゃった。

 

仕事中に、指を痛めたらしく、

診察してみると、人差し指の伸筋腱がカクカク左右に動く、

つまり腱脱臼ということになる。

 

本人も気が付かなうちに痛めたらしいので、

まず、痛めた日、時間、作業内容を

カラダの反応の限り特定していき、

本人に思い出してもらった。

 

少なからず、ショックがあったので取り除き、

その後、クリスタルヒーリングで治療したところ、

腱の左右のカクカクした動きが、その場では消失しました。

 

たぶん、仕事で使ってしまえば、

ある程度は不安定な状態に戻るとは思いますが、

テーピングや包帯等がなくとも腱が安定したことに

ビックリしました。患者さんもビックリされていました。

 

クリスタル治療で腱の脱臼が安定したことが、

とても興味深いです。

 

エネルギー体への治療は肉体(構造体)

に影響していることの証明となる症例でした。

 

整形外科に行ったとしたら、

十分に固定されて2~3週間安静ということになるかと思います。

その後、安定しなかったら1週間ずつ、

固定期間が追加されていくことでしょう・・・

 

残念ながら、この患者さんは新潟にお住まいなので、

頻繁に当院に通院することができません。

 

安定するまで治療を施してみたかったのですが、

次回の来院時まで効果が持続していることを願うばかりです。

 

お大事に。