条件

ストレスは年々、増加しています。

科学的根拠?そんなものなくとも、

生活環境の変化だけで十分、

理解、感じることができると思いますが・・・

 

便利になればなるほど、

身体への影響度はわかりませんが、

電気機械に囲まれた生活空間では電磁波の影響は増すでしょう。

 

車の台数はどうでしょう?

一家に2台、3台となれば

とうぜん排気ガスの濃度は増すと思います。

 

食事の内容は、説明しなくともヤバい時代だと思いますよ。

そう思いませんか?

 

そんな生活環境です。

現代人が10年、20年前より強靭になるはずもなく、

カラダへの影響を考えると脆弱化していると思われます。

ストレスは必要だという意見もありますが、

たしかに負荷は成長の為に必要でしょう。

 

しかし、10、20年前と同じ条件ならともかく、条件が違う、

前提がもはや変化している以上、比べようもなくストレスはストレスです。

 

そもそも、

地球全体を考えた場合、

ここ数十年でどれだけの地球への負荷が増え、

影響していることでしょう・・・

 

その地球に住む人間だけには影響はないという

都合の良いことなどない。

 

地球、植物、動物とは別・・・とでも思っているのでしょうか?

 

人間は特別ではありません。

 

条件に合わせて、健康の基準、リスクを

真剣に考えることは、とても大切なことと思います。

 

この世が、どうなろうと

どうでもいいと思う方々には関係ないですけどw

 

それでも生きてる限り生活し続けるのです。

そういう意味で真剣に!という意見です。

 

現実を無視して、治らない、治らないと、

騒ぐのは、医療関係者、患者ともに愚かな思考と思います。

人間ならば、教訓をもとに賢く・・・と思います。