今、

今の自分に満足する為には、

 

将来に期待する・・・

その期待は、今の位置より

これから、あるいは現在、

遠回りと思われるようでいて、近道を歩けているか?どうか。

 

または、今の位置より

過去を振り返って、遠回りを近道だったと思えるか、どうか・・・。

 

どちらにしても

過去、未来があっての今である。

もちろん過去の自分が今の自分を作ってきた。

そして、未来の自分も今を作る。(将来への期待)

 

遠回りとするか、近道とするかは自分次第だけど、

今が苦しくとも、過去を振り返り、

そして、未来を見据えたとき、

近道と思うなら、苦しい遠回りでも、近道と信じること。

 

いつでも近道を選べてきたと、満足する。感謝する。

 

そのような今にすることが、幸福と言えるのかもしれません。

 

さて、10年後、

世の中どうなっているかは

分かりませんが、

 

たぶん、柔道整復師は技術的にも職業的にも

無くなる。または、あまり必要ない職業になると思う。

 

現在でさえ、あまり必要ないというか、

必要と思われるだけの価値を提供できていない。

 

自分を含め、居なくなると考えている。

 

少なくとも、自分は職業として柔道整復師は辞めると思う。

整骨院も辞めて、治療院として技術を提供したいと思っている。

 

そう遠くない将来に

実現できるように、今、出来る限り学ぶ。