情報

カラダに新たな正常な情報を

入力するだけで、

 

口内炎や、歯痛などが、

簡単に消えることがある。

 

しかしながら、

問題は、どの情報が必要、適正であるか

分からなければ、すばらしい技術も宝の持ち腐れ。

 

正確にカラダに必要な情報を読み取る技術が必要となる。

 

未熟者の自分が効果を出せるのも、

NMRTのおかげだと感謝している。

 

あーでもない、こーでもないと、

手探りで、危うい治療をしていた昔・・・

でも、その経験があるからこそ

NMRTの価値がさらに理解できる。

 

そして、勘違いしないように

NMRTに依存しないように

感性を磨くよう努力する。

 

直感を磨くには手技の感覚も必要。

 

NMRTにも直感は必要だし、

入力、出力の回転力という意味での頭の良さ

を磨いていかなければならないと思う。

 

幸い、脳は年齢関係なく使えば使うほど、能力は増すようだ。

 

脳の一番のトレーニングは使うこと。

 

そういう意味で、

頭を使わない、ただルーティンに従えばいいとか、

ゴキって、やればOKとか、

 

そんな治療が怖いw

 

怖いと思えるようになっただけ、

少しはマシに、成長していると自分を認めたい。

 

ときに、自分を褒めることも必要だ。