元気

元気を奪うもの・・・

 

日常生活におけるストレス、

突発的なショック、

アレルゲン(心身が拒否反応を起こす全ての物、人、出来事)

過去のトラウマなど、

が考えられる。

 

そして単純でいて、大きな要因と言えるのが疲労だと思う。

 

疲労の蓄積は、あらゆる作用を停滞させる。

 

休日があるのは何故か、休まなければならない理由がある。

疲労回復、疲労蓄積の予防(慢性予防)リフレッシュと、

なんでもあてはまるくらい、重要である。

 

理由なんていらい、疲れたら休め!w

 

単純だけど重要です。

 

疲労が慢性化したら、

思考能力低下、

身体能力低下、

内臓機能低下・・・など、

 

あらゆる機能が低下します。

 

とくにこの時期は、

気圧の変化、湿度、気温など環境の変化も加わり、

よけい気付かない疲労を蓄積していることでしょう。

 

なんだか、いつもより疲れる、

回復が遅いと感じたら、迷わず休日を作り、

心身ともにリフレッシュしてほしいと思います。

 

日本人は休むことを遠慮する民族?

 

外国人は休むことに限らず、

すべてに遠慮がないよねw

 

でも、休むことに関しては、

外国人を見習うべきと思う。

 

バカンスは日本人には馴染みない習慣、慣習、

 

日本人は休むことを悪いこと、

あるいは怠け者・・・という習慣だよね?w

 

すべてのクオリティの為にもバカンスは大切です。

 

疲れたら、休みましょう!

 

休むことへの努力も、目標に近づく努力のうちですね。