案外、

人は健康には鈍感?

というか、平常が健康という意味で、

意識しなくてもいいものが健康といえる。

 

調子はどうですか?

と、患者さんに尋ねると、

「悪いですね」と言う。

 

しかし、この前のコノ症状無いですよね?

と聞くと、

 

「そういえば、無いですね」という・・・

 

それは、つまり

意識しなくてもよくなったのでは?

 

逆に、意地悪しているつもりではないが、

「調子いいです」と答える患者さんには、

 

治療の終わりに、

今回もけっこう問題がありましたね。と言う。

 

患者さんも「そうですね」と、

自覚しているようだ・・・

 

どちらにしても、

気付かせてあげる。自覚させることは

 

いわゆる健康バロメーターとして、

大切ですね。