それはむしろ、

逆じゃない?

科学的には証明されないが、

可能性を感じるからこそ投資をするわけで、

 

不確実、予測できないがゆえの可能性としての広がりである。

 

そもそも科学的根拠があり、確実なものに

分かりきったものに、

研究も、将来的な投資の必要もない・・・

 

枠を超えてゆくから価値がある。

 

守ることも大切だが、

そもそも新しい可能性の広がりがあるからこその

保守である。

 

変化が前提だとしたら、

進まなければ、保守も成り立たない。

 

進化があるから

伝統性や正当性も見えてくるもの・・・

 

人間は進む時間の中を生きている。

将来性に生きるからこそ、過去性も生かせる。

 

はなからの否定は、

今を生きる意識ではないと思う。

 

過去に生きるもいいが、

 

今は今という認識、

 

そのような時間認識も必要かと思う。

 

・・・確かに昭和はよかったけどw

 

期待していた未来とは大きく違うけど、

どんな姿でも21世紀は同じである。

 

今に生きるのなら、

その時代、あるいは近未来にまで

通用する技術を求める。また求めるべきと思う。

 

当時はなかった駅のエスカレーターに感動したのならw

 

当院の治療も、受け入れることができるはずw

 

そう思います。