どうやら、

この国に住む人々は、

右にならえの、左を向くことを

許さない、あるいはその気にさせない

教育を行い続けた結果・・・

 

ある意味で、エリート集団だが、

一方で、チェスタトンのいうところの狂人へ

素直に、真面目に、勤勉に自らなったとも言える。

 

どちらにしても勤勉なのは良いけどw

 

極端にいえば、不良にも美学を持って突き進む

もしかしたら世界でもめずらしい人々かもしれない。

 

その勤勉さを

ぜひ、治療意識に向けてほしい(笑)

 

一般の勉強をすればするほどなんとやら・・・

狂人化とまでとは言わないが、

 

世間一般常識の

まるで、いま流行り?のコピペ人間ばかり、

(個人的にリケジョ?は応援しているw)

 

右も左も同じ顔の同じ言葉使い

何年か前に流行った個性という言葉も

近頃、あまり聞かない

 

そのかわり、今度はグローバル、グローバル人材、

グローバル人と、どうやら今更地球人を目指すらしいw

(もう、どうなってしまうのでしょうか?この国は?)

 

そろそろ、

本当の価値、価値観、価値以上の形而上的な価値、

に気づいてほしいと思う。

 

個人的には世間一般の学力はどうでもいいと思う。

自身のためになる本を読み、鬼平犯科帳wでも見ていれば、

 

そこそこ立派な人間になれるという個人的考え。

(本を読めるだけの学力で十分と思う)

 

ほんと教育がうすっぺらく感じる時代ですね。

 

愚痴のようですいませんw

しかし、どうやら、このような教育からの習慣が(悪習ともいえる)

 

精神構造の構築に影響し、病気の回復を妨げる

 

原因にもなっているらしいです。