体質

体質改善するには、

カラダの生理作用が正常に機能、

働かなければならない。

 

一見、卵が先か、鶏が先か、のような話と思われるが、

自身のアトピー改善の経験より、

逆行とも言える異常な生理作用の流れの中では、

どんなに良いセルフケア、習慣で過ごしても

なかなか体質は改善されないという感想です。

 

ボク自身、様々な治療法を試しましたが、

症状は軽減するも、体質改善には至らない、

または、そのような日々の繰り返しでした。

 

しかしグリーハウスのゼミ、セミナー、研究会に参加の際、

講師の田尻先生に治療をして頂いてから、

まるで歯車が動き出すかのようにカラダの生理作用が正常に向かい始め、

体質改善され、セルフケアも効き始め、アトピーが治ったという経緯です。

 

よって、世間一般的に知られる体質改善法がありますが、

効果がある、ない、自身に合う、合わない・・・

 

そういうことではなく、

効果が作用する為には、キッカケが必要であり、

ボクの場合は田尻先生の治療であったということですが、

 

そのキッカケが、ものスゴク高い壁であり、なかなか見つからない

そのことは治療家はもちろん、必死にカラダを治そうとしている

患者さん自身が一番分かっていることと思います。

 

先日、卵巣嚢腫が消失した患者さんも、

治療がキッカケで、食事療法や、ひまし油などの効果が、

すべてが正常な方向に動き出し、良い結果となったと思います。

 

その証拠に以前から苦しんでいた生理痛も無くなっていたとのこと。

これは、やはり体質改善されたからと言えると思います。

 

セルフケアでも体質がなかなか変わらない方は、

治療という良い刺激を与え、カラダの生理作用を正常に戻すことが

必要だと思います。

 

世の中の健康法がいまいち効かないのは、

こういうことだと思います。(内容にもよりますが)

 

あきらめたり、一生病と付き合い生きると、

早々と決断する前に、もう一度、治療という可能性を

探ってほしいと思います。