理屈

ネガティヴな態度からは、

 

ポジティヴな思考、行動には繋がらない。生まれない。

 

一見、ポジティヴと見えるのなら、

それはネガティヴから発生した空回り状態。

 

そう、空回りであり、

ポジティヴな考え、行動には至っていない。

 

何故、至らないのか?

 

それは、ネガティヴな思考からの行動、

振る舞いなど、態度が、習慣化されているからであり、

 

つまりは、悪習慣である。

 

悪習慣に気づかず、

積み重ねた日々は、いろんなことを滞らせ、

 

悪循環となる。

 

廻らないのは、周りではなく、

 

察しのとおり自分自身である。

 

悪循環の流れを変える

方法があるならば、

チャンスがあるのならば、

 

受け入れるべきだろう。

 

その考えは、ネガティブではなく、

健全な思考からのポジティヴな行動だと言える。

 

どんな状況でも、自身の中には必ずポジティヴが存在する。

 

健全なものは、もともと在るのだから。

 

気付かないだけで、あるいは判断できないだけで。

 

もともと在る。

 

※別にこれは洗脳の類ではないw

分かる人には分かる理屈です。

 

そもそも、無思考で生きられるわけがない限り、

なにかしらの意見、影響も取り入れ、自身の思考を構築していくわけで、

少なからず、影響を受けてもかまわないとは思う。

社会において影響を受けない人っているのかな?

 

と思う。