時間

治療は難病ほど、

とうぜんですが、長期的な治療となります。

 

自分自身のアトピーの場合、約3年で、

ようやく最近、アトピーだったことを忘れるくらい、

落ち着いている。

 

エネルギー治療に携わってからは、

約1年で、今の状態です。

 

個人差がある為、比較にはならないが、

どちらにしても、治療にはそれなりの時間がかかるということです。

 

しかし、ここで重要なことは、

あの時、そしてこれまで治療を継続、また健康を意識してきて

よかったと思っていること、

今、いろんなことに感謝しているという心境に居ることができる

そのような3年前では想像できない喜びを感じているということです。

 

時間がかかるから治療しないという考えは、

ほんとナンセンスと、自身の経験から思うのです。

 

将来の為に、今できることをする。

そして、良いと思ったなら、ちゃんと継続することです。

 

たしかに、ホルモンや自律神経など、

生理的な起伏が落ち着くのには、時間がかかります。

 

自分の母親がリウマチになってから、

4、5年は経っていると思います。

 

自分で言うのもなんですが、

母親を今まで継続して治療してきてよかったと思っています。

薬だけでは、落ち着いた現在には至らなかったと本当に心底思います。

 

なにより治療を理解し信じて受け入れてくれた

家族、そして母親に感謝します。

 

これからも継続した治療は必要ですが、

 

少なくとも、将来への期待、希望はあります。

 

何故なら、ボクが使っている治療法は(WTS)

まだまだ進化の途中だからです。

 

今でさえ、いわば奇跡的な結果を出しています。

 

よって、これからさらに期待できます。

 

将来的に希望が持てるということが、

本来の治療としての形だと考えます。

 

刹那的な判断に健康を委ねるのではなく、

あくまで将来的な、長期的なスケールで判断してほしいと思います。

 

数年後、治療を受けていてよかったと思えるように

 

そして、そのような治療を提供できるように努力したいと思います。