視覚

ときに視覚は死角、

さらには盲目となり、

素直なセンス、感性、感覚を鈍感にするようです。

 

新潟時代からの

当院の治療法に理解ある患者さんが、

当院の治療以外の治療法を受ける気がしないと

おっしゃっていました。

 

それは、世間で分かりやすい、

筋肉を揉んだり、ゴキッと関節を鳴らしたりする治療を

しなくとも、カラダは調整されるということを

その患者さんが、

意識はもちろん、カラダの細胞レベルで理解しているからです。

 

・・・別におおげさに、誇張して言っているわけではなく、

率直に言えば、揉んだり、ゴキゴキする治療法に対する信頼が

なくなり、カラダが生理的に受け付けないということです。

 

ボク自身、今や、そのような治療に意味、価値があるのか、

分かりませんので、自分自身そのような治療を受ける気もないですし、

自身で信じられない治療法を患者さんに提供する気はありません。

 

それなりの効果はあるとは思いますが、

それが、必要かどうかは別問題です。

 

個々の考え方でしょうが、

 

少なくとも、ボクのカラダは、

その患者さんのカラダは拒否しているということです。

 

カラダが必要だと示した場合は、

当然、必要な治療になりますが、

 

必要性がない場合、

治療ではなく、分かりやすい目に見えた

ただのパフォーマンスにしか思えません。

 

ボク自身は、そんなパフォーマンスに付き合い

自身のカラダに無駄な刺激を加えたくないので、

 

壊されたくないので、

 

ご遠慮したいですw

というか、怖いですw

 

視覚ではなく、生理的な感覚を信じたいです。

 

分からない、理解できない鈍感な方々は、

はっきりいえば、つまり異常だと思います。

治療により正常な感覚に戻した方がいいでしょう。