冬から春

季節の変わり目として、

カラダにとって秋から冬も大変だが、

 

冬から春も大変だと思う。

 

自身の経験から、

この冬から春への季節の移り変わりは、

秋から冬より自律神経を乱されると感じる。

 

自律神経の切り替わりがうまくバランスしない場合、

なんらかの不具合としてカラダに現れるでしょう。

 

ボクの場合は、アトピーですが。

この季節の変わり目には、いってしまえばトラウマになるくらい

慎重な心境にさせられてしまうw

 

たぶん、トラウマなのでしょうw

 

だから、毎年、心理的に緊張してしまうのだと思います。

(治療してほしいw)

 

または、思い込みによっても症状が出る為、

つまり、思い込みからの条件反射で自ら病気になるということです。

 

そのような思い込みにも治療が必要です。

 

分りやすい例でいえば、花粉症も思い込みが原因のことが多々

ということもあります。

 

心とカラダは、表裏一体、

どちらに症状が出るかの違いだけで、

当然ですが、とても密接です。

 

さらに、エネルギーの循環の滞りでも、

身体に異常な症状を表します。

 

この前、股関節に制限(固さ)ある患者さんの

エネルギー問題を解決したら、

その場で、股関節の可動域が広がりました。

 

治療の際、股関節には一回も触れていません。

 

エネルギー治療からしたら、あたりまえの現象ですが、

患者さんはとてもビックリされていました。

 

重要なことは、エネルギー治療がすべて!ということではなく、

エネルギーにも障害が発生するという事実であり、

 

そして、そのエネルギーの障害に対して、

対応する術を知らない場合、治療できないし、

さらに術者に知識が無い場合、

患者さんは一生その問題に気付かないまま人生を終えるということでしょう。

 

治らないと決め付けるまえに、

知識ある治療家に診てもらうことが大切であり、

(探すのが、難しいですが)

 

治らないのか?

それとも治せないのか?(術者が)

 

見極める目を持つ患者さんが、今後増えたら、

 

自身の健康管理にも賢く付き合える方々が増え、医療費削減に繋がると思います。

 

話はそれましたが、

 

春先は自律神経を乱され、

原因不明の不調が出やすいです。

 

自律神経のバランスにはオステオパシーをお試し下さい!(宣伝w)