生理的反応

オステオパシーに限らず、

施術を受けた際には、

 

ときに痛みをよけい強く感じたり、だるくなったり、

熱が出たりなどと、カラダがなんらかの反応を起こします。

 

しかし、それらは症状の悪化ではなく、

むしろノーマルな、正常な反応です。

 

治癒のプロセスとして、

熱を発生、あるいは排泄機能を促進させ、

 

いわゆる毒素を体外に排泄する作用が高まります。

 

例えば、風邪の場合、体内の熱が不完全燃焼の場合、

内臓にいつまでも蓄積し、咳、消化不良などとして

いつまでも治らない風邪として固着してしまいます。

 

よって、そのような場合、治療の目的は不完全燃焼を完全燃焼とし、

蓄積した毒素が体外へと排泄されるよう促進することになります。

 

完全燃焼を促す為、

施術後、熱が出たりしますが、

それはカラダの生理作用としては正常に機能したといえます。

 

むしろ、不完全のまま過ごす方が危険となり、

最悪の場合、肺炎など重篤な状態になりかねません。

 

ある程度の熱は、カラダの中を掃除し、よけいなものを取り除きます。

(※あまりにも高い熱の場合は、病院へ行くことが必要です!)

 

少し熱があるからと、

薬で抑えつける習慣のある方々は、

不完全燃焼になりやすく、

 

なかなか風邪が治らないということにも繋がります。

 

体温調節機能も低下してくることでしょう。

 

本来の機能は、カラダは治るように

プログラムされています。

 

自然治癒と親しむ生活習慣を作る努力も必要と思います。