一見健康

そう、一見健康そうな人、

自分は健康と思っている人程である。

 

最近、ヨガや食事療法で健康管理をしている為、

自覚としては良い状態だと思っていた・・・

 

しかし、きのうグリーンハウスの研修で、

何故か2回もモデル患者となったw

 

そう、自覚はないが、カラダの内側には問題が蓄積していた

ということです。

 

おそらく、健康を自負している人ほど、

このような落とし穴?にはまりやすいのでは?と

身を持って体験して分かりましたw

 

今回は、健康管理に自信があったので、

まさか?という心境でしたw

 

グリーンハウスのセミナー、ゼミ、研修では、

当然ですが、実際に身体問題がある受講生にしか、

治療はしません。

 

練習だからと、問題がない人(無い人は居ませんが)

に手技を施すと、ほんと健康を害します。

 

他のセミナーで、散々な目に合ってきたので、

その辺は、とても注意しています。

 

練習であれ、患者さんと変わらぬ振る舞いでなければ、

とんでもないことになります。

 

仕事に限らず、プライベートでも手技を施すときは真剣に!

 

ということが肝心です。

 

話は逸れましたが、

 

 

健康管理は自覚が、症状が無いから、成功しているということではなく、

定期的にセラピストにチェックしてもらうこと自体に意味があり、

 

病気になってから、

自身の健康管理に自信消失ということではなく、

 

自覚がないからこそ謙虚にチェックが必要ということです。

 

無駄に自信過剰にならず、

そして日々の健康管理に努力する。

 

ということと思います。