潜在意識

きのう、よくいらっしゃる30代の患者さんを

治療していたところ、

 

前回の治療でもそうでしたが、

30代にも関わらず、60代の反応が多々・・・

 

はて?

未来への不安、特に60代に不安を感じているのかな?

と思っていましたが、

 

今回の治療で、だいたいの大筋が見えてきました。

はじめ、またまた60代の反応が出ていましたが、

やがて小学生の時のトラウマに反応し、

 

調べていると・・・

 

ああ、そういうことか・・・

 

と、患者さんの潜在意識からのメッセージを感じることができました。

 

どうやら、その小学生の時のトラウマに

60代の大人達が関係していたようです。

 

患者さん本人も思い当たることがあるらしく、

このトラウマの全貌を理解できれば、

 

現在のストレスを乗り越えられる

ヒントになるであろうと期待しております。

 

精神治療は本人の理解が効果を左右します。

そこは患者さんへの宿題となりますw

 

それにしても、潜在意識の記憶?印象?には

驚かされることばかりです。

 

術者は患者と同調しているとはいえ、

全てを知るには至りません。

 

ヒントとヒントを繋げる努力には、

やはり技術、そしてセンス、なにより直感が不可欠であり、

それらは定期的なトレーニングで養う必要があります。

 

今週末、WTS(ワールドセラピーシステム)の研修会があります。

 

患者さんの心身問題を

一つでも多く解除できるように勉強してきたいと思います。