精神治療

先日、腰痛とお腹の不調を訴える

女性の患者さんを治療しました。

 

女性の方に多いようですが、

精神的な問題に直面すると

泣いてしまうことがあります。

 

それは治療としては、とても良い反応で、

今まで目を向けなかったことに対して、

向き合えた、あるいは理解できたという

いわば証のようなものです。

 

涙腺と共に精神的な緊張も緩んだということです。

 

聞くところによると、

その後、腰は調子が良いとのことです。

 

 

特に顎関節に問題がある方には、

必ずと言っていいほど精神の問題が蓄積しています。

 

歯ぎしり、食いしばりなどは、その典型です。

 

患者さんから聞いたお話です。

とあるTV番組で歯ぎしりの治療について、

どこかの医大の教授様が語っていたとのこと・・・

(ボクはTVは見ません。家にテレビありませんw)

 

最終的な結論は、

 

「治療法は無い」と、おっしゃったそうですw

 

「あるだろ!?」とツッコミたくなりましたw

 

たぶん、現在の現代医療にはないでしょう。

そういう意味では、正解です(笑)

 

しかし、少なからずWTS(ワールドセラピーシステム)には、

治癒への可能性と希望があります。

特に精神治療には期待できると考えています。

 

効果があったら、

その無駄な教授への給料を

こちらに貰いたいくらいですw

 

ほんと、西洋医学というか、

現代医療は、研究やら病気は診るけど

人間を見ない・・・という印象です。

 

すばらしいお医者様は沢山いるかと思いますが、

ボクが知る限り、TVの中には居ないと感じています。